FC2ブログ
「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
くりの肖像画
2020年09月02日 (水) | 編集 |
超久々の更新です。

スロバキア在住の猫の肖像画作家、cimiさん(日本人)に、
くりの絵を描いていただき、完成した部屋に飾っています。

コメント 2020-09-02 123721

くりがよくやっていたつま先立ちの前足ポーズ、
横に栗を並べてもらうなど、こだわりをお願いして、
思った通りのくりの姿が絵に表現されていました。

「おうちに帰ろうね」と話しかけながら描いてくださったそうで(涙)
見つめていると、本当にくりがいるような気がします。

そのcimiさんのホームページに、
くりの絵の制作過程を掲載されています。

Cimi cat painter
https://cicuskaify.wixsite.com/mysite-2/about

cimiさんとの出会いはちょっと運命的で、
昨年、自分が関わったイベントで素敵な絵だなーと思った猫の絵があり、
よくよく本名を聞いたら昔、若い頃に一緒に仕事をしたことのある人だったのです。

その時に先代猫のポチときなこの可愛い絵を描いてくれて、
その絵はとても気に入って20数年以上、飾っています。
IMG_20200902_124932.jpg

そんなご縁で、今度はくりの絵も描いていただきました。
日本とスロバキア、離れているけれど、何か繋がっているのを感じます。
これもくりがつなげてくれたご縁かもね。
スポンサーサイト



くりの一周忌
2019年12月28日 (土) | 編集 |
くりが亡くなって1年が経ちました。
今まで、12月28日はポチの命日でメロンを買っていましたが、
今年からはくりとポチ、ふたりを偲ぶ日になりました。

くりには好物の海苔とふかしたサツマイモをお供え。
写真の中のくりは動き出しそうで、
抱っこしたときの重さや温かさ、後頭部のいいにおいもリアルに感じられ、
昨日のことのように感じられます。

怖がりだったから、どこかクローゼットの奥に隠れていて、
探したらひょっこり出てくるのではないか、
長い悪夢を見ているのではないかと毎日思います。

20160913103938500.jpg

そして、同じ病気のコのために、
乳腺腫瘍の病気の記録を書こうと思いつつ
思い出すと苦しくなるので書けないまま1年が経ってしまいました。
今年こそ、書けるのでしょうか…。
20170630014705711.jpg
きなこの命日
2019年11月16日 (土) | 編集 |
13日は2013年に老衰で亡くなったきなこの命日でした。
毎年恒例、好物のししゃもを焼いてお供え。

きなこは22歳という超ご長寿猫でした。
生命力が強く、ヨボヨボでクチャクチャになりながらも、
亡くなる数日前までよく食べ、よく鳴いて内臓は健康でした。
13785290046643.jpg

今思えば、きなこはすべての機能を余すことなく使い果たし、
飼い主的にも、もう思い残すことはないというほどお世話ができた、
本当に理想的な死だったなーと思います。
s-DSCF0069.jpg

きなこの死は【祝祭】、一生を終えたパレードと思えて、
悲しいけれど、よくここまで生き抜いたね、と送り出してあげられました。

くりの死とは受け止め方が違います。。
2007_0901kinakuri0040.jpg

DSC05429.jpg

こんなに小さいときから、22年も一緒にいました。
きなこ

昨年の今頃、くりの呼吸の様子が変だなと思って
肺転移を恐れて調べたけれど、最初の病院では原因が分からず
(まだ転移がレントゲンに写らなかったのかも)、
11月末にやっぱりおかしい、と調べたら肺転移が分かり、余命宣告を受けました。

あの日のどんよりとした重い気持ちが、昨日のことのように思い出されます。。
ぽぽ5才
2019年09月02日 (月) | 編集 |
わが家の暴れん坊、ぽぽが9/1で推定5才になりました。

仕事仲間で猫友達でもあるNさんから
モンプチの素敵なセット「モンプチ ブティック ティーパーティー」をいただきました。
洋菓子の箱みたいにおしゃれ。
IMG_20190831_212258.jpg

中身はウェットフードからおやつまで充実してます。
IMG_20190831_212354.jpg

去年の今頃は、ぽぽさん、あくびで顎が外れる事件がありました。

今年はそんな騒動もなく、少し大人になったかな。

くりちゃんがいなくなって、すっかり一人っ子になり、
以前はくりに遠慮して行かなかった場所も、すべて自分のテリトリー。
あちこちで寝てます。
IMG_20190830_190244.jpg

でもくりの定位置だった夫のベッドの上と、リビングの机の上は
なぜかあまり載りません。
DSC_4386.jpg

まだくりちゃんがそこにいるのが、ぽぽには見えているのかもね。
DSC_4385.jpg


20170529085737954.jpg
くりの新盆
2019年07月19日 (金) | 編集 |
くりの初盆。お花をいつもより多めに飾って迎えました。

相思相愛の最高の相棒がいた幸せな日々が、また戻ってこないかと夢見て、
戻らない現実に涙する、そんな半年でした。

くりが亡くなって初盆を迎えることじたいが信じられなくて、
まだまだ悲しみを乗り越えられていないことを実感します。

毎日撫でてたくりの感触、匂い、お腹に乗ってきた時の重さが思い出されて、
今、なぜいないのか分からなくなる時があります。

くり新盆