FC2ブログ
「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
くりの足のむくみ
2018年09月27日 (木) | 編集 |
一昨日、ふとくりの足を見たら、左足が右足に比べてパンパンに太くなっていることに気付きました。


乳腺腫瘍の影響で、少しやせてきてしまった右足に比べ、左足は太くなっています。
IMG_20180926_093037.jpg

明らかに太く、むくみが出ています。
IMG_20180925_101254.jpg

数日前まではそんなことなかったのに、急になったので気になり、
かかりつけの病院へ。
久しぶりに外に連れて行かれて、悲しそうな声で鳴いていました…

やはり、腫瘍がリンパ節を圧迫しているのか、リンパの流れが悪くなってむくみが出ているようでした。
腎臓など、内臓の病気でもむくみが出ることはありますが、
その場合は片方だけむくむということはないので、おなかの腫瘍のせいだろう、との診断です。

水がたまっているわけではないので、特に処置はなく、
足先から上にリンパマッサージをしてあげて様子を見ることに。
また、浮腫をとる効果がある(かもしれない)ホメオパシーを出していただきました。
IMG_20180902_200327.jpg

腫瘍の部分も診てもらいましたが、少しずつおなかの下のほうにも固いものが
大きくなってきていて、確実にがんは増えているようです。
くりさんがどこまでもちこたえてくれるかわかりませんが、
今のところはごはんもしっかり食べ、おトイレも異常なし、元気に過ごしているので、
このままがんの進行が遅くなるように穏やかに過ごしてもらえば、と思います。

また、もしかしたら腫瘍のなめ防止で着せている服の足の部分が
リンパを圧迫しているかもしれない、とのことなので、
また服の改良をしなくてはなりません…。

IMG_20180825_094416.jpg
“その日”がすぐなのか1~2年先かは分かりませんが、
病気であろうとなかろうと、確実に命の終わりは来てしまうので、
くりに苦痛のないよう、
一緒にいられる幸せな時間をかみしめて過ごしたいと思います。

IMG_20180819_214228.jpg
くりちゃん。免疫力つけてがんばろうね。
また服を改良しなくては!



スポンサーサイト



完全復活!
2016年02月22日 (月) | 編集 |
2/22の猫の日の今日、
くりさん、完全復活しました!


カリカリも食べ、水も飲み、ウエットフードも食べるようになりました。

今までの空腹を埋めるように
ガツガツ食べてくれて、
自分で食べてくれるって、なんて幸せなことなんだろう、と
実感しました(≧∇≦)b

もっと食べて痩せちゃった体をもとに戻そうね。

お尻ぽんぽんして欲しくて、
お尻を向けて移動しているところ。


あー、良かった。
原因は何?
2016年02月20日 (土) | 編集 |
くりさんは、少しずつ体力快復してます。

吐く回数がグッと減り、
ここ4、5日はまったく吐かなくなりました 😌


数日前から水は自分で飲めるようになったものの、
最初は水の入れ物の前で考え込み、
なかなか飲もうとせず、
飲んでもいつものように舌を長く出せないようで、
チョロチョロと小刻みに飲んでました。
もしや、口内炎とか、歯周病で口がおかしくてそうなってるのかな?と思いましたが、
先日病院で口の中を見てもらったときは
特に異常なしでした。

また昨日、家でも口を開けさせて見たのですが、
腫れてもいないし、
問題なさそうでした。

やはり胃腸とか食道の問題なんだろうか…。

でもまだ固形物は食べず、強制的にシリンジで
モンプチスープをあげたり、
ちゅーるを口のそばに持っていって、私の指に付けるとなめる、という感じです。

あと、栄養補給のためのヒルズa/d缶は、わりと食べてくれる子が多いというので病院で買い、
ペーストを指に付けてあげると少しずつ食べます。

私の手や指からあげると、ペロペロといつも通りに舌を長く出して舐めるので、
もしかしたら、お皿から食べるときに首を下にするのができないのかも?と
色々試した結果、
液体ものは、食道(胸のあたり)がまっすぐに近い状態の時の方がよく飲めるらしいことに気づきました。


多分、そのあたりに異変があったのでしょうが、
ビビりで、病院に行くだけで多大なストレスを感じてしまうくりさんなので、
もう少し食べてくれて、元気が出てくるまでは様子見をしようと思います。

そして、昨晩はシーバを3粒、カリカリと食べました(^O^)
口の異常だったらドライは食べられないと思うので、
やっぱり口ではないのかなー?


三種の神器。
シーバとチャオちゅーる「とりささみ」(くりが好きな味)、
モンプチスープのコンソメ風。
液体もの、特にモンプチスープは、具合の悪いときに重宝します。


今朝も私の手から水を飲み、
モンプチスープも少しずつ手に出したら、よく飲みました。


毛づくろいもしてるのは、元気になった証拠。




毎日、やって!とせがむ、大好きな「お尻ぽんぽん」は、
結構具合悪いときでもやってあげると気分良さそうでした。

ぽんぽんの後、もっとやって、という顔。


少しずつ元気になってます。


こちらは、相変わらず元気いっぱい^_^;

最近、マッサージ器に乗って、天袋のところに飛び乗ることを覚えました。
歯が抜けた
2010年07月25日 (日) | 編集 |

ここ最近、くりの口臭がひどく、あんまり元気もない様子なので、
どうしたんだろう?と思っていました。


以前はまったくニオイもせず、ちょっぴり体臭のるきなこに比べ(失礼な!)
くりは「ニオわないくり」で通っていたのに、
加齢による歯周病かも? とちょっぴり寂しい気持ちに…。
口をあけさせて確認すると、それほど歯石はついていないのに、
なぜか片方からヨダレがたれてることもあって、
心配なので病院に連れていきました。

DSCF0247.jpg

ものすごいビビリやのくりは、以前も病院に連れて行く前に
キャリーバッグに入れようとして、バッグを出しただけで飛び上がって
おもらしをてしまったことがあり、病院にいくのもひと苦労。

寝起きにそーっと抱っこして、以前とは別のキャリーバッグに入れて、
いざ病院へ。(途中で珍しく大きめの声で「ァオーン」と鳴いてました)

診察してもらい、口を大きく開けてみると…、
先生が「あ!これじゃない?」とひと言。
並びが変な歯があって、ピンセットでさわると、
スッと抜けてしまったそうです。
それがこの歯。
DSCF0252.jpg
永久歯なのに、抜けてしまったのです!
先生によると、「破歯細胞性吸収病巣」という、猫に多い症状で、
歯が溶けていってしまうらしいです。
歯石や歯垢が原因のこともあるけれど、くりの場合、歯じたいはきれいなので、
そういう性質の歯なのかもしれないとのこと。

ってことは、歯がどんどんなくなっちゃうの?と思ったら、
猫はほとんど食べ物を歯で噛んでいないし、まるのみなので、歯がなくても
大丈夫なんだとか。

歯が抜けて、なんだかくりはてきめん、すっきりとした顔つきに。
人間でも歯がぐらぐらしてると気持ち悪いから、
多分、食欲もあまりなかったのでしょう。

もの好きな私は、抜けた歯を持ち帰り、
洗ってティッシュでよく拭き、
歯を表から裏から、観察。そしてニオイを嗅ぐと
クッサー!(>_<)

間違いない! 口臭はこのニオイでした。

数日たち、明らかにくりは元気になり、口臭もまったくなくなりました!
健康体!?
2010年05月19日 (水) | 編集 |
きなこのその後ですが、
けいれん発作の翌日、かかりつけの動物病院に行って来ました。

てんかんの病気にはさまざまな原因があるけれど
高齢になって初めて発作が出たことから、
先天性のものではなく、
また、今のところ持病があるわけでもなく、
ウィルス性の病気に感染してるわけでもない…

ということで、残るのは血管性、人間で言う脳梗塞みたいなことが原因かもしれないとのこと。
でも、高齢になれば、若いときとは違って脳にも何らかの異常は出てくるし、
脳を調べるとなると、麻酔してMRI検査をして…ということになるそうです。

年齢を考えると、
そこまでして検査して、かえって具合悪くなることもあるので、
先生には検査はすすめられませんでした。
(というか、そういう治療方針の病院なので、ここに診てもらっているのです)

てんかんは完治はしないものだけど、
脳の血行をよくする、というサプリメントで
その発作が起きる期間を伸ばし、発作の状態を軽くできるように
してみましょう、ということになりました。

そして、ついでにここ1~2年は病院にも来ていなかったので、
前に数値の高かった肝臓の状態を調べるため、血液検査も。

すると…
肝臓の数値はまったく問題なく、健康な成猫の数値!
腎臓は、成猫の数値をちょっぴり上回ったけれど、老猫の数値としては
問題ない程度。

体重も、前はやせ気味で軽かったのに、
今は3.8kgと、体格も標準。
問題なく、以前よりずっと健康体になってることがわかりました\(^o^)/

以前は肝臓の数値が異常だったので、(今回よりも100以上高かった)
気になっていたし、療法食フードをずっとあげてきました。
でも、続けているうちに標準値になるなんて、びっくりです。

フードのおかげかもしれないので、
今後もずっと続けていこうと思います。

てんかんは治らないかもしれないけど、
20歳以上をめざしてがんばれ! きなこ!
(といっても、本当にてんかん以外は
モリモリ食べるし、ニャーニャー鳴くし、好き勝手に生きてる猫です)
テーマ:我が家の猫
ジャンル:ペット