「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
くりのしこり
2017年04月27日 (木) | 編集 |
15才になったくりさん。
最近、抱っこして体を触っていると、下から2番目の胸の両方に小さなしこりがあるなーと気になり、
昨日、いつものかかりつけの動物病院に行きました。
そして、おそらく乳腺腫瘍だろうと診断されました。


1cm未満の小さなものですが、左は小さなツブツブが集まって1cmないくらい、
右はツブツブが少し固まった状態でこちらも1cm弱くらい。

もしや、とは思って乳腺腫瘍を疑ってはいたものの、
くりは子猫の頃、発情期前に避妊手術をしているし(手術が遅めだった子に多いといわれる)
まだ小さいしこりなのでただの脂肪のかたまりかも、思いすごしかも…などと思っていたのが、
実際にそう言われると、ちょっとショックでした。

調べてみると、猫の乳腺腫瘍はその多くが悪性腫瘍で、小さなものが大きくなって自壊し、
膿みや血が出て大変になる、肺に転移すると苦しむ…という病気のようです。

まず考えられるのは、摘出手術ですが、全快することもあるけれど、
再発や転移も多く、一度でとりきれず、乳腺を全摘出しなくてはならないこともある、
手術後は抗がん剤を飲む…など
手術をしても、しなくてもどちらもメリット、デメリットがありそうです。

これがもし、10才未満ならすぐにでも手術、と思えるのですが、
15才という年齢と、性格的にもビビリで、精神的に弱い部分があるくりちゃん。
全身麻酔の手術に耐えられるか心配なのと、私自身も耐えらるかどうか…。
DSC_4068.jpg

というわけで、くりの年齢のことや、私自身の気持ちも汲んで
先生からは今のところ手術は考えずに、
サプリメントを試してみよう、ということを言われました。

霊芝、メシマコブ、フコイダン入りサプリ「イムノPRO」というのを朝晩飲むことに。
本猫はまったくいつも通り元気で、外見からはまったく分からないのですが、
今後どうなるかは分かりません。。
DSC_4067.jpg

腫瘍の進行を抑えられるようだったら続けていき、
その過程で手術についてももう一度考えてみようかと思います。

うちのかかりつけの先生は、最新医療を施すタイプではなく、
猫と飼い主さんのQOLを考えて、いろいろ話しながら一緒に病気と闘ってくれるタイプです。
きなこのときもお世話になったので、くりも先生と一緒にがんばっていこうと思います。

いつも通りのふたり。
DSC_4043.jpg

ぽぽさん、くりちゃんにストレス与えちゃダメよ。
DSC_4042.jpg
スポンサーサイト
くり15才になりました!
2017年04月14日 (金) | 編集 |
くりさん、15才になりました。
DSC_3684.jpg

誕生日の朝はいつも通り、ぽぽへの軽い指導(笑)で始まりました。
DSC_4024.jpg

これはちょっと怖い顔ですが、相変わらず頭のいい、良い子です。
呼ぶと走ってくるし、私が何かしていると、ジーっと終わるまで我慢して背中を向けて待っている。
そんなけなげなくりちゃん。
DSC_3955.jpg

ぽぽの数々のいたずら行為を監視。冷ややかな目で見ています。
DSC_3964.jpg

お誕生日祝いに、お赤飯を食べました(私が)
DSC_4030.jpg

くりにお赤飯を見せていたのに、興味を持ったぽぽが押しのけてやってきます。
(お赤飯は食べませんが)
DSC_4028.jpg

寝る前に、ぽぽを部屋に閉じ込めると、途端にくりの甘え&ハッスルタイムが始まります。
DSC_3949.jpg

DSC_3951.jpg


長生きしようね。きなこさんの記録、22才超えして欲しいと思う飼い主でした。
20161201021026588.jpg

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
きなこの定位置
2013年12月18日 (水) | 編集 |
今日は雪が降るそうで、寒いです。
くりは、私の仕事部屋の足元のホットカーペットでヌクヌク。



ここは、毎年きなこの定位置で、
今まで、あまりくりが来たことはありませんでした。
DSCF0163_201312181115047e5.jpg
冬はほぼ一日中ここで過ごしていたきなこさん。



でも、きなこさんがいいよ、と許してくれたのか、
今年はくりが自然にやって来て、くつろいでます。
きなこから引き継ぎがあったようです。



チロルチョコのきなこもち。
『きなこ』の文字を見かけると反応せずにはいられません。
6袋も買っちゃいました。
毎日呼んでいた「きなこ」「きーちゃん」という名前を口にする機会が減ってきて、
『きなこ』という言葉に飢えています…。


不調
2013年11月25日 (月) | 編集 |
今日は寒いです。

くりは、私の仕事部屋の椅子の下で
まあるくちっちゃくなってます。
もはや手がどこにあるか分からないくらいの
きれいな香箱。


きなこがいなくなって、何となくくりの居場所が定まりません。

前はきなこがいた場所が空いてることを
不思議に思っているような…。

私は、22年も一緒にいたきなこがいなくなり、
体に変調をきたしています。
頭痛がひどくて、夜、夢うつつで寝ていると、
きなこの呼ぶ声が聞こえたり…。

よっぽど毎日あの鳴き声を気にしていたんだなーと
自分でも驚きます。
冬がやってきた
2013年10月29日 (火) | 編集 |
寒くなってきました。
きなこさんはもう寒いだろう、と、恒例のピンクベストを着せています。
でも、昨年よりやせたので、ブカブカ
安全ピンで脇をとめています。

そして、10/22より、ホットカーペット生活に入っております。
DSCF1308.jpg

最近は、トイレの場所まで行ききらずに、
寝床のそばでもオシッコをしてしまうので、
今までのホットカーペット(人間用なので、普通の布製カーペット)だと、
もしオシッコしちゃったら洗えないな、と思い、
防水になっている「ニュー ユカペットDX Mサイズ」(貝沼産業)を
買いました。

「ニューユカペット DX」ここで買いました

先日、商品が到着し、しばらく電源を入れて確かめよう、と
まだ愛用のカーペットを使っていたところ…

見事に、真ん中でオシッコしてしまいました!

はー…。

あともう少し早く、新しいほうに換えていれば…。

結局、前のカーペットは捨てることになりました。

そして、新しい「ユカペット」を使って、毎日ヌクヌク。
両面で温度高めと低めになっているので、気温にあわせて裏返して使用。
でも、低温やけどが心配なので、一応、タオルを敷いてます。
DSCF1309.jpg

気に入ったかな。
この上だったら、もうオシッコしてもいいよ。
DSCF1323.jpg

目が見えず、足腰がどんどん衰えていくので、
トイレの場所に行く前に力尽き、その場でジョーッとしてしまうのです。
が、なるべくオムツはせずに、あちこちでしてもいいように、ペットシーツだらけの中で
過ごしてもらってます。

そして、こちらの方も、寒くなったのか、
ベッドの布団を冬用に変えた途端に…
DSCF1310.jpg

当然のようにのってくつろいでいます。
DSCF1320.jpg