「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
猫のため(?)のリフォーム
2007年11月20日 (火) | 編集 |
先週、リフォーム工事が終わり、家の中の片付けをすませ、
やっと普通に生活ができるようになりました~!
どんなリフォームをしたのか、一部ご紹介します。

まず、きなくりが寝る(人間の寝室でもありますが…)2部屋の床を
カーペットから防音フローリングにしました。
2猫ともよく吐くし、くりはカーペットをほじくってしまうので、
前から変えたかったのです。
吐いた後、フローリングの溝の掃除がしやすいように、
木の幅がなるべく広いものを選びました。
ついでに壁紙もチェンジ。窓ぎわは吸放湿、防臭効果のある「エコカラット」
を貼ってもらいました。
(写真はくりの寝床)
DSCF1041.jpg


窓際は結露対策と、猫がひなたぼっこしながら
ゴロゴロできるように、ということでタイルを1列貼りました。
くりは、今までよく玄関のタイルでスリスリしていて、
靴の汚れで汚いのに…と気になっていたのです。
ここでゴロゴロしてくれる姿を夢見て…。
DSCF1038.jpg


寝室から洗面所へ続くドア(正面)も変え、
右側にあったウォークインクローゼットを壊して、
普通のクローゼット(右の茶色い扉)にしました。
洗面所入り口手前にもタイルを。
ここはくりのゴロゴロスペースなので、
掃除しやすさと気持ちよさを考えてタイルにしました。
DSCF1037.jpg


右の壁面にはエコカラットを。
DSCF1043.jpg


ドアを開けると洗面所はこんなふうになってます。
床のクッションフロアを「ペット対応」の
傷がつきにくいものにし、壁は消臭効果のあるものに。
ここはくりのご飯場所&トイレを置いています。
仔猫のときに、ものすごい暴れん坊だったため、
爪の傷がたくさん床に残っていて汚かったのです。
DSCF1033.jpg


洗面所の左のほうにはトイレがあります。
こちら側の扉は、前は開き戸で、くりが背伸びをしてあけてしまっていたのですが、
今度は開けられないように引き戸にしました。
(くりは押すことはできても、横に引くことはできないので)
DSCF1035.jpg


そして、別の部屋ですが、ピアノの上の空きスペースに棚を取り付けました。
DSCF1031.jpg

でも、ちゃんと猫が載ってくつろげるスペースはとってあります。
DSCF1052.jpg

普通に座るとぴったり。
DSCF1058.jpg

伸びをすると、ちょっと窮屈かな。
DSCF1054.jpg

きなくりにも、工事でいろいろとストレスをかけました。
疲れたねー。やっと平穏な日々に戻ったねー。
(でも、きなこはまったく動じず、毎日いつもどおりでしたが…)
DSCF1047.jpg

スポンサーサイト
テーマ:我が家の猫
ジャンル:ペット
リフォーム中
2007年11月10日 (土) | 編集 |
先週から、我が家はこんなことになっています。
2007_1110kinakuri0241.jpg

引越しではなく、リフォーム中です。

…というのも、猫のために汚くなった家をきれいにしたかったのです。
まずは、コレ。
2007_1110kinakuri0238.jpg

くりが部屋から出たくて、カーペットとドアの隙間をほじくり、
カーペットがびろろーんと出てしまっています。
それを画鋲でとめてありました。

それから、きなくりのふたりともよく吐くため、
カーペットに染みがたくさん。
もうフローリングにしよう!となったわけです。

最初は、猫たちがいる場所2部屋をフローリングにするだけ
だったのですが、
→どうせなら使いづらかったウォークインクロゼットをやめて
収納力を増やしたい
→ぶつかって危なかった開き戸を引き戸にしたい
→洗面所の床の猫の傷跡もきれいにしたい
→棚をつけたい

などなど、要望が増えてしまい、10日間ほどかかる
リフォーム工事となりました。

…というわけで、リビングに荷物を運び出し、この状態。
もちろん、いたずら猫くりはおもしろくて仕方がない様子。
でも、ものすごい内弁慶で臆病なため、
大工さんが来ると、一目散に部屋の隅の布団の中に避難。
工事が終わる夕方まで、手に汗をかきながら
隠れています。
2007_1110kinakuri0248.jpg


ここが居心地いいの。
2007_1110kinakuri0255.jpg


一方のきなこは、いたってマイペース。
いつも通りにいつもの部屋で寝て、
12時に大工さんがお昼に出かけると、のこのこと起きて出てきます。
そして、大工さんがお昼から戻るころ、また自分の寝る部屋へ。
あとは夕方までぐっすり寝て、大工さんが帰ったころに出てきます。
そして、今日の作業を確認。

「ちゃんと予定通り進んだ?」
2007_1110kinakuri0311.jpg


「よしよし。この調子でやってちょうだい」
2007_1110kinakuri0312.jpg


工事中はドアを開けっ放しにしたりして、2猫の脱走が怖いので、
きなくりのいる部屋は絶対に開けないように、
こんな貼り紙をしてます。
2007_1110kinakuri0314.jpg


壁紙は、ペット用の傷がつきにくいものにし、
洗面所のクッションフロアもペット対応。
そして猫たちのためにフローリングに。
あと、壁の一部には、消臭・結露対策のためにエコカラット。
窓際は、くりが日向ぼっこするのにいいように、
タイルを1列だけ貼ってもらうことにしました。
まさに猫のためのリフォームです!
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
猫マト
2007年11月01日 (木) | 編集 |
ここはどこでしょう?



なんとロシア・モスクワです。



赤の広場です。



伊勢志摩旅行レポートも書き終わらないまま、
モスクワ旅行に来てしまいました。
初のアエロフロート航空体験。
機内食でお絞り(右下)が出てきたことに感動し、
パンがきちんと噛みちぎれる食感なことに感動。
ひどいのではないか、とあまりに恐れていたため、
すごく快適でした。


機内食その2。うどん、もしくはパスタのようなもの。


1週間滞在し、最終日にはおみやげ天国のような市場に
行きました。マトリョーシカがずらりと並びます。



購入したのは、キーホルダーのミニマトリョーシカ。
顔が派手です。



猫のマトリョーシカもいろいろありましたが、
私が探した逸品はこれ! 


猫の中に小さな猫3匹。


猫を抱っこした女の子(男の子?)をあけると
いろんな柄の猫が!
手描きの感じが素朴でなんともいえません。
買い占めてきました。1個150~180ルーブルでした。(約750~900円)



猫好きにはたまりましぇーん。