「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
ルーブル&阿修羅で上野三昧
2009年04月21日 (火) | 編集 |
先週の平日、友人と上野のルーブル美術館展(六本木ではないほう)に
行ってきました。
DSCF3238.jpg

17世紀のヨーロッパ絵画を集めた、なかなかおもしろい展示でした。
有名なフェルメールの「レースを編む女」は
ものすごく小さい絵で、びっくり。
会場のイヤホンガイドは中尾彬氏。おなじみのマフラーを巻いた写真で
「中尾彬がガイドします」と看板が出てました。(私は聞かなかったけど…)

↓これは、会場で売ってた、限定のチョコ。
小さな箱にそれぞれ今回の展示の絵柄がついてます。
DSCF3239.jpg

中には、ピンク、水色、白のマーブルチョコ。
「ルーブル」の「マーブル」チョコってシャレかしらん…
DSCF3240.jpg

見終わった後は、上野めぐりをして、
ルーブルと関係ないけど、東京都美術館のショップへ。
こんなかわいいハガキを見つけて、買いました。
左は、切手のコレクションを並べた柄のハガキ。
DSCF3241.jpg

よーく見ると、いろんなおとぎ話の絵柄になってます。
DSCF3242.jpg

続いては、東京国立博物館の「阿修羅展」へ。
午前中~昼過ぎは込むとの情報を得ていたので、
15:00すぎに入場。すんなり入れました。

こちらのイヤホンガイドは黒木瞳さん。
素敵な着物姿で「黒木瞳がガイドします」との看板が。
ルーブルの中尾彬氏に比べ、
おじさま方がなんとなくうれしそうにガイドを借りているように見えたのは
気のせいでしょうか…。

阿修羅像を含む八部衆、十大弟子像が全部見られます。
ってことは、今興福寺に行っても、見るものがないってことに…。

やっぱり一番見ものだったのは、阿修羅像。

前だけでなく、横、後ろと360度ぐるっと見渡せます。
3つの顔がありますが、やっぱり正面が一番美しくて出来もいい気がしました。
やっぱり正面になるだけのことはあるな、と。(当たり前か…)
顔小さくて、手も長く、二の腕もすっきり。うらやましいスタイルです。
DSCF3243.jpg

会場ではいろいろなグッズが売れれていました。
なかでも「阿修羅フィギュア」はすでに売り切れとかで、仏像ブームなんだなあ…

私は、お香好きなので、興福寺の白檀のお香を買いました。
DSCF3246.jpg

上野三昧の1日。
家に帰ると…
わが家の国宝(家宝?)阿修羅猫。
DSCF3249.jpg

そんなことはいいから、オヤツくれないかしゅら?
DSCF3251.jpg
スポンサーサイト
くり7歳!
2009年04月12日 (日) | 編集 |
20090412232142
本日、くりが七歳を迎えました。
(本人、気づいていませんが)
病気ひとつせず、七年間毎日毎日、
食って、寝て、走り回って、相も変わらずきなこを追いかけてます。
よく飽きないもんだ。
くりちゃん、おめでとう!
まだ3歳くらいにしか思えないよ。

私がお風呂に入ると、必ずふたの上にのってきて、リラックスしてます。
お寺の猫
2009年04月12日 (日) | 編集 |
20090412131121
先週、近所のちょっと大きなお寺にお花見に行きました。
途中で猫発見!
ほかにも何匹も目にしましたが、
みんな毛づやがよく、太ってました。
それもそのはず、この地域の地域猫だとのこと。
お寺の中の店内にも入ってかわいがられ、
何ともほっこりした気分になりました。

敷地内には地域猫用の募金箱も。
ちょっぴりですが、募金してきました。
アエロフロートの食事
2009年04月02日 (木) | 編集 |
20090402172040
アエロフロートを利用しました。
日本→モスクワ便の食事はわりとよかったです。
厳寒のロシア
2009年04月02日 (木) | 編集 |
突然ですが、3月中旬から、1週間、
ロシア・サンクトペテルブルグに行ってました。
趣味の芸術鑑賞の旅行です。
3月とは思えない寒さ&雪でした。
r-3.jpg

有名な「血の上の救世主教会」
r-4.jpg
中はこんな圧倒されるモザイク画。
r-5.jpg

エルミタージュ美術館にも行きました
イヤになるほどの豪華さと膨大なコレクションに、
ロシア帝国の偉大さを思い知る
r-2.jpg

犬は雪の中でこんもりと寝てました。
寒くないのか?
r-1.jpg

唯一外でみかけた猫。
r-6.jpg

見つけて「待って~!」とそーっと追いかけると
振り返ってくれました。
愛嬌のある三毛猫さん。
r-7.jpg

河が凍り、鳥たちはその上をてててーっと歩いてました。
r-8.jpg

きなくりへのおみやげは、
ロシアのスーパーで見つけたキャットフード。
でも裏を見たらウォルサム。ま、安心して食べられました。
DSCF3216.jpg