「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
怖がり猫
2012年10月28日 (日) | 編集 |
最近、登場していないくりですが、
相変わらず甘えん坊で元気です。

先日、といってもけっこう前ですが、
雷が鳴っていつものように怖がり、
どこかに隠れたくりさん。
よくいる逃げ場所を探してもいないので、
どこだ?と探しまくり、いたのが、
洗濯機の横のバススリッパの中。

子猫のようにすっぽりと収まってました(^-^;
スポンサーサイト
長崎旅行 3日目
2012年10月23日 (火) | 編集 |
長崎旅行の写真もアップしないまま、
先日、知床に旅行してきました。 寒かった~。

自分の備忘録のため、1ヶ月前のことだけど、アップします。
長崎旅行3日目は、五島列島の上五島へ。
台風の翌日で、船が出るのか心配でしたが、出航になって、無事出発!

ジェットフォイルで長崎港~鯛の浦港まで約1時間40分。
台風の後で、ものすごい揺れました。ちょっと気持ち悪くなるくらい。


無事港に着き、レンタカー。
帰りは17:00の船なので、限られた時間で見られるだけの教会をまわりました。
島には教会がいっぱいありますが、1つ1つ見て回ると、けっこう時間がかかります。
内部は信者さんへのマナーのため、撮影不可。
内部はそれぞれ、外からはうかがい知れない、荘厳な雰囲気があります。


旧鯛の浦教会
s-DSCF0662_20121023003834.jpg

敷地内に聖地ルルドを設け、マリア様を祀る
s-DSCF0659_20121023003835.jpg

石造りの頭ヶ島教会
s-DSCF0669_20121023003833.jpg  s-DSCF0675.jpg

国指定重要文化財です。一番気に入った教会でした。
s-DSCF0683.jpg

窓のステンドグラスが美しい!
s-DSCF0672.jpg

そばにあるキリシタン墓地
s-DSCF0682.jpg

丸尾教会
s-DSCF0687.jpg

青砂ヶ浦教会
s-DSCF0689.jpg 
s-DSCF0696.jpg

冷水教会
s-DSCF0704.jpg

逆光の大曽教会
s-DSCF0715.jpg
別の場所から
s-DSCF0709.jpg

中の浦教会。
水辺にぽつんと浮かんでいるのかと思ったら、道路沿いにあり、ちょっとイメージ違った。
s-DSCF0722.jpg

教会めぐりはここまで。帰りのジェットフォイルです
s-DSCF0724.jpg

そのまま夜は稲佐山の夜景を見に。腹ごしらえ&乾杯。
s-DSCF0731.jpg

手ブレしてるけど、稲佐山からの夜景。
s-DSCF0736.jpg  s-DSCF0739.jpg

展望台の、ラッキーになれるという? ハートのライティング
s-DSCF0742.jpg

この日はめいっぱい観光しました!
ホットカーペット始めました
2012年10月14日 (日) | 編集 |
10月になって、急に寒くなってきました。

老猫のいる我が家では、もうホットカーペット始めました

ヌクヌクしてます。


今日の昼過ぎ、てんかんの発作が起きました。
8月から約2ヶ月ぶりです。
毎回、もうこのままカクッと死んじゃうのでは?と怖くなりますが、
数分たつとケロッとして、フードをバカ食いし、ぐっすり眠ります。

2~3ヶ月に一回、起こります。
長崎旅行 2日目
2012年10月08日 (月) | 編集 |
長崎旅行の続きです。

2日目は見事に台風上陸。
前の晩から明け方にかけてものすごい風の轟音で
ホテルの窓ガラスが割れないか心配になるくらいでした。

朝、カーテンを開けると目の前の小さな川が増水し、
住宅が床上浸水している模様。
膝下くらいまで水につかった住民の方や、ヘルプに来たらしい人、
テレビ局っぽいカメラも来ていました。

観光はホテル近辺の行けるところだけ、と予定していたので、
ホテルの朝食バイキングをゆっくり味わって、出発したのはお昼前。

ホテルすぐそばの「長崎市べっ甲工芸館」へ行こうと
雨と風の中、小走りでたどり着くと、入り口が開いてない!
この台風のため館員の人が来ていないのか、がっちりと閉まってました。
ひえー! とまた逆戻りして、
近くのちゃんぽん御殿で有名な四海楼の
ちゃんぽんミュージアムとおみやげ屋さんで時間つぶし。


あまりに雨がすごいので、持ってきたレインコートを着ました。
そこからおみやげ屋通りを上って大浦天主堂へ。

1597年日本で最初に殉教した日本26聖人たちに捧げられた教会、
そして、隠れキリシタンの存在が明らかになった出来事「信徒発見」の
場所でもあります。

教会内でしばし長めの時間を過ごし、また雨の中へ。
パンがおいしい、と調べておいたカフェに行こうと思ったら、
ここも台風のためか、休み。

近くにあった英国風カフェ「エイトフラッグ」に入って
お茶&ワッフルを食べました。

アンティークの家具の落ち着いた雰囲気で、
お店の方に聞いたらレジのカウンターは
イギリスのパブの調度品をそのまま使っているのだとか。
アールグレイも、ワッフルもおいしかった!

この台風の中、お客さんは私たちだけ。
居心地もよく、のんびりと長居してしまいました。

そして、また雨の中オランダ坂~洋館のあたりをウロウロ。
時々どしゃぶりになるので、洋館で雨宿りしながら…
s-DSCF0651.jpg

もうこれ以上の観光は無理だ~と、本日は終了。

夜は四海楼のちゃんぽんを食べました。
明日は旅のメインイベント、五島の教会めぐり。
船が出るのかがものすごく心配。。
視線
2012年10月06日 (土) | 編集 |
朝、ふと目覚めると、
ジーっと見つめる熱視線の気配が…。


いつから見てるんかい!
長崎旅行 1日目
2012年10月02日 (火) | 編集 |
台風が沖縄~長崎を直撃した
9月16日、友人と4日間の長崎を旅してきました。
テーマは「ド・ロ様と尾曲がり猫を辿る旅」。

長崎の外海地方の産業、社会福祉、建築、医療などさまざまな分野で
奉仕したフランス人宣教師、マルコ・マリ・ド・ロ神父に関わる場所や教会をたずね
また長崎に多いといわれる、しっぽが曲がっている「尾曲がり猫」を探し、勝手に検証する、という
目的のある旅です。

自分で旅のしおりも作り、張り切りました!
13491698385950.jpg

が、初日は雨、夜から2日目は台風直撃。
2日目が台風のピークだと分かったので、なるべく
初日に市内の観光地をササーッとまわり、行く先々で猫探し。

事前情報で、猫が多いと聞いていた、龍馬の亀山社中跡のあたり。
記念館に行くまでの坂道で猫に出会いました。

あるお宅の前に子猫2匹。1匹は逃げちゃった。
s-DSCF0633.jpg

ん?尾曲がってる?
s-DSCF0632.jpg

どうだろ?
s-DSCF0627.jpg

あれ? しっぽまっすぐ。
s-DSCF0628.jpg

サーッとかけぬけた黒猫さん。こちらもしっぽまっすぐだよ?
s-DSCF0634.jpg

亀山社中記念館の前のベンチに鎮座していた茶白ちゃん。しっぽ短ッ!
s-DSCF0635.jpg

曲がっているような、いないような…
s-DSCF0642.jpg

ふむ、
s-DSCF0637.jpg
ふーむ……
s-DSCF0636.jpg

龍馬にはなーんの興味もなく、ひとしきり猫の写真を撮った私たち。
一応記念館の中に入って、やれやれ、と一休みしてたら、
係員のおじさんに、琵琶のような、月琴という楽器を「鳴らしてみませんか?」と
言われ、ポロンポロンと鳴らしてみる。
風流ですな。完全に休憩タイムです。

そこから眼鏡橋へ。
s-DSCF0645.jpg
ここで、昔ながらの屋台で売るアイス「チリンチリンアイス」を食べることを
楽しみにしていたのですが、
屋台を見つけ、近づいてみると、売っているのが若人なり。。。
イメージは「柔和な笑みを浮かべたおばあさん」もしくは
「ハンチング帽をかぶったおじいさん」だったのに、
まったくのイメージ違い。

それだけで、屋台の前を素通りしてしまいました。
いや、たまたまいつものおばあさんが具合が悪くて代理だったのかもしれないし、
おばあさんが代替わりして息子に譲ったのかもしれないし…とも思ったけれど、
買う気になれなかった。やっぱり、イメージ戦略って大切、と思ったのでした。

そして、浦上天主堂やら平和祈念像やらを見て、
目いっぱいの市内観光をすませました。
s-DSCF0649.jpg

夜、餃子を食べてホテルに戻ったら、
その夜から風がものすごいことになってました。

ひいー!観光はできるのだろうか?