「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
きなこの四十九日
2013年12月31日 (火) | 編集 |
2013年の最後の日になりました。
今日はきなこの四十九日です。

私はダンナさんの実家に帰省中なので、
きなこの供養とくりのお世話は母にお願いしてきました。

遠く離れた場所からきなこが安らかに眠れるよう、
お祈りしました。


若い頃のきなこの写真を見ていると、きなこがいた日々が遠い昔のように思えますが、
今年の秋頃のヨボヨボ写真を見ると、
痩せ細った体、元気な声、体臭、オシッコやウンチの臭いまで、
生々しく思い出します。

きなことのたくさんの思い出を胸に
2014年に向かいます(о´∀`о)
スポンサーサイト
ポチときなこ
2013年12月29日 (日) | 編集 |
昨日の28日は、先代猫ポチの命日。
好物のメロンを毎年忘れずにお供えします。


ポチが事故で亡くなった年末から15年が経ちました。

今年はきなこも年末に四十九日です。


ついでに、宝くじの当選を願い、きなこに頼んでいます。
天寿を全うしたきなこさんだったから、
ご利益ありそうな気がして…。

きーちゃん、よろしく(^ω^)
メリくり
2013年12月24日 (火) | 編集 |
メリー『くり』スマス!
と、くりが申しております。
食にあまり興味のないくりなので、
特別なゴハンはありません。

きなこがいれば、ししゃもかお刺身なんだけどな…。

くりは食より、とにかく人に甘えるほうが好きみたい。


去年のクリスマスのきなこさん。
fc2blog_2012123123053449d.jpg
寒い日の一句
2013年12月20日 (金) | 編集 |
足下に
猫からみつく
幸せよ(*´∀`*)




あ、起きちゃった。
時々、足にかみついてじゃれます

きなこの定位置
2013年12月18日 (水) | 編集 |
今日は雪が降るそうで、寒いです。
くりは、私の仕事部屋の足元のホットカーペットでヌクヌク。



ここは、毎年きなこの定位置で、
今まで、あまりくりが来たことはありませんでした。
DSCF0163_201312181115047e5.jpg
冬はほぼ一日中ここで過ごしていたきなこさん。



でも、きなこさんがいいよ、と許してくれたのか、
今年はくりが自然にやって来て、くつろいでます。
きなこから引き継ぎがあったようです。



チロルチョコのきなこもち。
『きなこ』の文字を見かけると反応せずにはいられません。
6袋も買っちゃいました。
毎日呼んでいた「きなこ」「きーちゃん」という名前を口にする機会が減ってきて、
『きなこ』という言葉に飢えています…。


「1番め」になったくり
2013年12月08日 (日) | 編集 |
寒くなってきたので、
床に敷くムートンを出しました。

きなこが好きで、この上でよく寝ていたムートン。
くりは、肌触りが嫌いらしく、全く乗りません。
足をのせることすら嫌みたいで、ピョーンと飛び越えていきます。



きなこが寝ているのを上から見下ろしていたくり。
moblog_463d2c82.jpg


気持ちよさそうにのびのびと寝ていたきなこ。
DSCF1214.jpg

もはや人が座るためのムートンではなく、きなこのためのものになっていました
moblog_a04c064e.jpg



↓これは去年の冬。
今年、ムートンを出す前に旅立ってしまいました。

主がいなくなり、ようやく人が座れるようになったムートン。
きなこの残り香や、ヨダレでケバケバになっている場所を探して、感傷にひたっています…。
20121126_120605.jpg



くりに少し変化が起きてきました

くりが我が家に来たとき、すでにきなこは家の主猫として君臨(?)していたため、
くりは何でも「きなこの次」。

「先住猫をたてる」というセオリーに基づき、
また晩年は老いたきなこのわがままをなるべくきいてやるため、
くりの世話にはさほど手をかけていませんでした。


ご飯もきなこが先。くりは2番目
DSC06184.jpg


最近はずっと別々の場所であげていましたが、
おやつなどを同じ場所であげても、しばらくくりは後ろで見ていて、
それから食べ始めるのでした。
20091130003944.jpg


好物のししゃもを食べるきなこさん。
くりは、こういった特別な日にあげる好物はあまりありません。
(唯一、海苔は好きだけど)
DSCF0154.jpg


きなこは、ししゃもの他にも、イカ焼きや刺身など、人間が食べるものに目がなく、
老猫になってからは、老い先が短いし、おいしいものを食べたかろう…、と特別な日には
わりとあげていました。

そんなとき、くりにも一応、お皿に入れてニオイを嗅がせたりしていたのですが、
くんくんするだけでプイッといってしまい、
食べることはありませんでした。


なのに、先日…、
きなこの霊前に、とお刺身を小さなお皿に入れて置こうとすると、くりが
「フーン、フーン♪」といって、欲しがるのです!

与えてみたら、ペロリと食べてしまいました。

そして別の日は、夕飯のイカの煮物を欲しがって食卓のイスに背伸びをしてきました。

あれ? 本当は食べたかったんかい?

moblog_350bdca6.jpg


今までは、「一番め」のきなこがいたから、
何かと我慢していることもあったのかもしれません。


そう思うと、何だかけなげです。

きなこがいなくなったことで、くりがわが家の「一番めの猫」になり、
くりもそのことに段々気づき、少しずつ変化しているのかもしれません。

そして、ご飯の時間になってもまったく要求をしなかったくりですが、
少し、自己主張するようになりました。

以前は、時間になったら必ずきなこが要求するので、
「きなこバーちゃんが言ってくれるから、大丈夫」と思っていたのが、
自分が要求しないとダメ、と気づき始めたのかも…?

筆頭猫になった自覚が出てきた…?
DSCF1047.jpg

22日法要
2013年12月04日 (水) | 編集 |
今日はきなこが旅立ってから22日目。

四十九日は12/31ですが、
年末はダンナさんの実家に行くことになっていて離れてしまうし、
きなこは22歳だったから、やっぱり22(ニャーニャー)の日のほうがいいと思って
今日、法要することにしました。

と言っても、朝、大好きだったししゃもを焼き、
(きなこのため1匹だけ焼きました)
いつもどおりお線香をあげ、ゆっくり心の中で会話したくらいですが。

写真たてがちょっぴりクリスマスの飾りつけになってます。



ほら、きーちゃん、ししゃも、お食べ。




少しだけ、きなこがいない変化に慣れてきた様子のくり。
きなこがいるときは遠慮していたのか、
以前はあまり食べなかったものを食べるようになり、ちょっとびっくりしてます。

それについてはまた…