「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
くりの悩み
2005年01月16日 (日) | 編集 |
今日は朝から冷え込み、雨が雪に変わりそうな天気。
朝早くからリビングの床暖房をつけ、くりは床でぬくぬくしてました。
そこに愛用のベッドを置いてやると、くりは悩んでいるようでした。

「ベッドに入ろうか、それとも床でぬくぬくしていようか…」



「みなさん、どっちにすべきだと思いますか?」
30分以上悩み、この姿勢でたたずんだ挙句…



「やっぱりベッドで本格的に寝よ

飼い猫は家でぬくぬくしているけど、野良にゃんたちはこの寒さの中、
身を震わせているのか…
そこで、野良猫の厳しさをくりに教えるため、
抱っこして窓を開け、外の寒さを体感させました。
が、情けないことにブルブル震えてました。。
あー、こりゃもう家猫としてしか生きていけない体だわ。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:我が家の猫
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック