「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
猫寺
2006年01月01日 (日) | 編集 |
20060101005413
昨日、実家(人吉)から30分ほどのところにある生善院観音堂というところに行って来ました。、
ここは通称「猫寺」と呼ばれているそうで、お寺の門?のところには猫の像が一対。
謀反の罪で死んだ息子を追って愛猫「垂玉」と共に自害した母をまつったお寺だそうです。
ひっそりとした小さいお寺でしたが、近かったし、猫好きとしては満足でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうござます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。(^^)

「猫寺」!狛犬ならぬ狛猫なんですね~?!
画像の猫、欲しいです!(笑)
これは、何れ詣でねばなりますまい。


2006/01/01(Sun) 17:48 | URL  | rain #WCSj23LI[ 編集]
狛猫だって~~(*≧m≦*)
「お猫さま」の祭ってあるお寺は幾つもあると聞くのですが、
実際に行ったり見たりしたことがなかったので、羨ましい~。
もう、このぶちねこさまだけでも神々しい感じ(笑)招き猫じゃ
ないところがいいじゃないですか。なでなでして御利益にあや
かりたいですね。
2006/01/03(Tue) 07:11 | URL  | えこP #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック