「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
猫とホメオパシー
2006年02月18日 (土) | 編集 |
先日、きなこがよく吐くので心配、と書きましたが、(こんな記事
今日、獣医さんのところに行ってきました。
ここ最近、きなくりを連れて行っているのは、
「動物病院」というより「獣医さん」といったほうがぴったりくるような、
昔ながらの木造一軒家の自宅を一部改装してつくられた病院。
アットホームな感じの女性の獣医師さんです。
治療方針も、やたらに注射を打ったり、化学的な薬を用いたりせず、
動物の自然治癒力を利用したアロマテラピーなどもとり入れているので、
3年ほど前からここの病院で見てもらっています。

で、今回のきなこの「吐く回数が多い」「黄色い胃液も吐く」ことを話すと、
体は元気で、食欲もあることから、胃酸過多ではないか、ということ。
ふーむ、なるほど。
で、「最近、環境の変化があった?」などと聞かれました。
環境の変化はないけれど、くりとの仲が悪いのは相変わらず。
きなこはくりのことを嫌がっているし、我慢をしているような気がする
ことを話すと…。
胃酸過多の原因はそういった心のストレスから来るものではないか、ということで、
「ホメオパシー」での治療をやってみる?と言われました。
ホメオパシーは、西洋の「漢方治療」のようなもので、
症状や、その猫の性格、普段の生活などを話して、
それに合わせて処方をしてくれるそうです。
DSC05219.jpg

きなこの性格と、今の気持ちを私なりに判断して、
「甘えん坊。おっとりしている。人が好き。
後から来たくりが可愛がられていて嫉妬している様子がある。
でも気難しい面もある…」
などを話して、処方されたのが、写真のビニールの中の白い粒。
ホメオパシーでは治療薬のことを「レメディー」というらしく
さまざまな鉱物や植物などをすりつぶし、希釈するそうです。
きなこはこの「アネモネ」のレメディーを使ってみることになりました。

とりあえず、胃酸過多をとめるための治療薬は
病院で飲ませてもらったので、
今日の晩からは、ストレスの原因を和らげる治療薬を
飲むことになります。
きなこの性格、今の状態とレメディーの見立てが合っていれば、
すぐに効果が現れる(=ストレスから吐かなくなる)はずなんですって。

効果が出るといいねー。
DSC04558.jpg


よくよく考えてみると、きなこが胃液も吐くようになったのは、
くりが来た3年前くらいからのような気が…
年齢のせいだと思っていたけど、違ったのかもしれない!と
気づいてあげられなくて反省。

きなこ「くりがこういうことするのがヤなのよ!」
(尻を執拗にかぎまわしている)
DSC05112.jpg

でも、くりはきなこと本当は仲良くしたくてじゃれてるのにね。
難しい問題だ…。

※診察費、処方薬の合計は1575円でした。
診察は30分以上。飼い主が納得するまで話してくださって、
よく見てくださり、この価格は安い!と思います。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ねこ大好き
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
きなこさん、まずはよかったですね。
うちのこもホメオパシーですよ。
いまは腎臓と寒さ用のレメディー飲んでます。
無理のない治療でいいですね。猫の気持ちに添った治療ではないかと思います。
しかし、お代、安いですね!!。。。。今度教えてください。(笑)色付きの文字
2006/02/19(Sun) 14:22 | URL  | じら公 #-[ 編集]
獣医さん選び!
ニンゲンでも動物でも、投薬や注射で済ませる
病院が多い中で、じっくり患者に向きあってく
れる獣医さんを見つけられて素晴らしいですね!
羨ましいです。歳をとればあちこち弱ってくる
ものなのでしょうが、自己治癒能力や免疫力を
高めて、自力で長生きして欲しいですもんね。
きなこ姉さん、よくなりますように。
2006/02/19(Sun) 17:58 | URL  | えこP #-[ 編集]
たいしたことないといいねぇ。
ちわっす。
うちは子供産んでから、人間にもホメオパシー使ってるよー。
体質改善的な面があるから、緊急の事態じゃないけれど心配、というのにいいかもね。

きなこ、心配だね。
一緒に働いてた頃は、とにかく元気でお転婆な子だったから、そんな話聞くと切ないなぁ。
きなこはいつまでも「やーい雑巾猫~」とか言われてもふ~んなによ、くらい元気でいてほしい!

うちもさ、慢性的に体のあちこちにおできが出来るのがちょっと心配。国分寺にもホメをやっててレメディ処方してくれる動物病院があるそうなので、行こうかと思っているところなのです。

いつのまにか、ふたりともおばあちゃんだものね。
おたがいに健やかで長生きできますように。
2006/02/19(Sun) 22:04 | URL  | みおっち #wr/m1sGw[ 編集]
きなこさん、お大事に。
お疲れ様でした。
はやく効果が現れますように。
良い先生ですねー、しかも安い!!
2006/02/20(Mon) 00:13 | URL  | 蚤杉 #LODsKoGc[ 編集]
事件が多いから
地検特捜部員ともなると、ストレス過多で大変 (^^;
て、それは1コ前のネタですがな。

アネモネと一緒に、ポチさんの愛がじわーっと
しみ込んで、復調しますね、きっと。v(^^)
2006/02/21(Tue) 18:41 | URL  | yopioka #-[ 編集]
お返事遅くなりました
ちょっと忙しかったもので、お返事遅くなりましたが…。

●じら公さん
長生きの先輩もホメオパシーでしたか。
今度教えてくださいね。
これって、「合ってる」と分かったら
そのレメディーをまとめ買いしたりできないのかしらん?

●えこPさん
私は自分でも化学薬が好きじゃなくて、
めったに薬を飲まないんです。
おばあちゃんの知恵袋的な自然治癒力を信じています。
飼い主に似たのか、うちの猫たちも代々なぜか病気知らずで、元気なんですが、
やっぱり14歳という年齢なので、気になります。
吐く以外はふだん通り元気です。

●みおっちさん
雑巾猫!懐かしい。
今はお転婆というより、わがままばーさん猫に
なっております。
でも、顔はけっこう若々しいのよ。
声は今でも甲高く、良く響きわたるソプラノ声で
健在。
くるみちゃんがばーさんだなんて…。

●蚤杉さん
ええ。安くて(!)やたらと薬をすすめないので、
私好みの先生です。
(自分自身、あまり薬が好きではないので)
ただ、飼い主さんそれぞれに考え方もあるので、
きちんと検査してくれないと不安、という人には
向かないかもしれないんですけどね。
私と、うちの猫たちにとっては
相性の合う、いい先生です。

●yopiokaさん
特捜部員、いろいろストレスあるようです。
ところが、うちにはもうひとり、潜入部員がいることも
判明しました。(今日の記事をご覧ください)
2006/02/24(Fri) 23:38 | URL  | ポチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック