「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
飼い猫に顔を蹴られる
2006年06月01日 (木) | 編集 |
ううぅ……
三十路の乙女の大切な顔に、こんな生々しい傷ができてしまいました…。
DSC05461.jpg

そう、昨晩の夫婦喧嘩で“キーッ”となったダンナにひっかかれて、
…じゃなくて、
犯人はコイツ↓(かじっているのは、かわいいパンダのぬいぐるみ)
極悪顔じゃ~!!
DSC05425.jpg


昨晩、くりをいつものように寝室へつれて行こうと思い
肩にのせて抱っこしたところ、
何かに驚いて急に飛び下りました。
その瞬間、後ろ足で私のあごを蹴り上げ、ツメを立てて…
おかげで、こんな2本線の引っかき傷ができてしまった。。
昨夜は傷が残らないように、あごを冷やしながら気をつけて寝ました。
幸い、かさぶたになりそうなので、傷跡が残らないことを祈ります。

こんな目にあいながらも、「ニャ?」と鳴かれると
やっぱりくりがかわいく、
今日もつい顔をくっつけてしまう私。
どうしようもない猫バカだと自負しました。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ねこ大好き
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
くりちゃん。。。また乙女の顔にハデなキズを。。。。でも、やっぱり憎めませんよねwww
わたしもそのタイプですwwwうちのみいとくりちゃんがそっくりで、よけい同感できたり(>v<*)
ぱんだと格闘してる写真、、、かわいいです(*>v<*)
2006/06/01(Thu) 13:28 | URL  | ゆう #-[ 編集]
ぎゃー痛そう!
ネコがいると手の先からひじくらいまでは、常に傷だらけだけど、あごはたまにやられると痛いですよね・・・
最近その傷が消えにくくなってきてるような気がするんですけど、年のせい?気のせい?
(私はもうすぐ三十路・・・)
2006/06/01(Thu) 20:27 | URL  | よっすぃ #-[ 編集]
臭かったり、引っかかれたり、ネコ三昧な日々ですねぇ(笑)
 
なかなか直りにくいとは思いますが、気合です、気合!
以前、鼻に大きな斜めの傷を作って(原因:なすび)、お客さんのところへ行った覚えがあります。
 
傷は勲章ですよねー。(←ネコバカ)
2006/06/03(Sat) 12:04 | URL  | rider #I4t1ZHtI[ 編集]
ややや
やられましたね・・・ 痛そう(痛いにきまってるさ)
パンダをかじるお顔が
やけに幸せそうに見えるのは私だけ・・・?
2006/06/06(Tue) 17:43 | URL  | yopioka #-[ 編集]
治りました♪
傷はきれいに治り、元の傷なし乙女に戻りました。

●ゆうさん
やっぱり憎めませんよねー。
っていうか、怒っても分からないし…。
パンダは、この後くりのヨダレでくっさくなりました。

●よっすぃさん
子猫のうちなら傷だらけになるのも分かるんだけど、
4歳になったというのに、いまだに暴れん坊で
傷だらけ。これって一体…
対照的に、きなこは一切ひっかきません。
傷、消えにくいですよねー。
そうそう、20代後半からお肌が変わるのを実感しました。
よっすぃさん、もうすぐよー~

●riderさん

はい、おっしゃるとおり猫三昧の日々です。
くさかったり、傷つくったり、ゲロ吐かれたり…
ホント、猫飼ってると忙しい。
riderさん、名言です。「傷は猫飼いの勲章!」

●yopiokaさん
痛かったです。
パンダは、あまりにかわいそうなので
すぐに隔離しました。
しかし、におうとよだれクサイです。。
幸せそうに見えます?
きっと、かみついて陶酔しているのでしょうね。

2006/06/06(Tue) 23:15 | URL  | ポチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック