「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
こわいよー
2006年07月05日 (水) | 編集 |
昨日、本屋さんでふと「猫」の文字に吸い寄せられ、
中に私の好きな「パタリロ」の漫画もあったため、
中をよく読みもせず、こんな本を買いました。
幽 2006年 08月号 [雑誌] 幽 2006年 08月号 [雑誌]
(2006/06/20)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


家に帰り、昔から伝わる猫の不思議な話とか、怪談話が出てるのかなー、
と思ってよく読むと…
猫の話以外の、かなり怖い話も載ってるじゃないかー!
さらによく表紙や背を見ると、
「怪談専門雑誌」じゃないか~!
怖い。怖いよー。
夜寝る前にゆっくりと猫の話でも読もうかナーと思って
読み始めましたが、猫以外の怪談話が怖くなって途中で
「ヒーッ」となってやめました。

しかし、やっぱり読みたい。昼間に読むとしよう。

※「猫の怪」特集はなかなか面白かったです。
それ以外に、体験話の対談、怪談、小説、漫画などが
てんこもり。
怪談好きな方にはおすすめです。が、夜に読むのはお勧めできません。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なつかしー
パタリロってそういえばけっこう怖い話ありましたよね。
子供心にけっこうおびえてた記憶があります。

それにしても、猫の怪談話ってリアルに怖そう・・・
2006/07/05(Wed) 22:20 | URL  | よっすぃ #-[ 編集]
私も買いましたよ~。表紙のワイルドcat につられて。うちの近所のたてがみちゃん(私が勝手に呼んでいる)に似てるのです。
もちろんパタリロ(?)から読みました。(マンガオタク)
あのですね、深夜に読んで怖かったとこは川崎の川の怪談です。猫と関係ない実話!!眠れなくなってしまいました。猫のは全然怖くなかったなあ(私だけ?)
2006/07/06(Thu) 22:32 | URL  | じら公 #-[ 編集]
●よっすいさん
パタリロ、懐かしいでしょ。
でも、実はまだ続いているんですよ。
確か70巻超えたかと…。
恐ろしや~。

●じら公さん
ぼちぼちと昼間に読んでいます。
そしたら、けっこう大丈夫でした。
でも夜続きを読もうとすると…
なんかやっぱり怖いんですねー。
昔から伝わる怪談とかより、
実話のほうがリアルで(当たり前)怖いですよね。
読破するまでがんばります。
2006/07/09(Sun) 00:54 | URL  | ポチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック