「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
きなこの薬
2006年12月12日 (火) | 編集 |
20061212133022
きなこの肝臓用の薬がなくなったので
いつもの動物病院へ取りにいきました。
今回からホメオパシーはやめて、この薬のみに。
1か月分で3150円なり。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きなこさん、お具合いかがですか?うちのミーも肝臓と腎臓が悪いので、漢方薬を飲んでいます(というか、無理やり飲ませています)。時間になると、逃げますね。そんな時だけ動物的カンが働くようです。きなこさんの錠剤大きいようですが、どうやって飲んでいるのですか?うちは錠剤は飲んだフリをするので、お口に入れたら、すぐに顔にふーって息を吹きかけます。そうすると、目をつぶって、口もごっくんします。他人から見たら、何やってんの?って感じです。きなこさん、お大事にどうぞ
2006/12/13(Wed) 09:43 | URL  | 16歳のみーの母 #-[ 編集]
突撃となりの飲み薬
錠剤の飲ませ方、私もとても知りた~い。

日々、新しいワザを開発しないと
家のニャンコの防御がグレードアップしちゃって
人間が負けるんです・・・ orz 飲んでくれよ・・・

ところで、エントランスのツリー、豪華ですね~。
見てるだけでワクワクします。
2006/12/13(Wed) 16:36 | URL  | yopioka #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック