「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
膝の上の猫を撮る
2007年03月01日 (木) | 編集 |
先日の「ここで一句?」の記事で、
膝の上に載ったくりの写真を使いましたが、
膝の上にいる猫を自分で撮るというのは、けっこう大変なものです。

片手でくりを抱き、
もう片方の手でそーっとデジカメを手にとって、
レンズを自分のほうに向けます。
猫の顔をちゃんと入れつつ、
自分の姿はなるべく入らないようにしなければなりません。

↓あ! 下げすぎて耳が切れた
DSC05996.jpg

↓今度はあげすぎて顔が切れた
DSC05991.jpg

↓うーん、顔は入ってるけどいまいち。
DSC05997.jpg

↓あ、また耳切れた。(いいかげんにせーよ。byくり)
DSC05998.jpg

そしてやっと撮れたのが、この1枚。
DSC05992.jpg


こんなのもありました。
DSC05999.jpg


こんなことを一生懸命やっているとき、
「猫バカ」を実感。

※2ヶ月ぶりくらいに、きなこの検診(肝臓が悪い)に行きました。
毎日薬を飲んではいるものの、血液検査の結果は
良くもならず、悪くもならず。
ホメオパシーの薬を増やすことにしました。
この冬でちょっと太り、3.7キロ。
本人はいたって元気です。



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
なるほど。
分かります、わかります。
猫馬鹿炸裂ですよね。(^^)
旦那様に撮ってもらっているのかと思ってました♪
いつも野菜撮るときジーラさんにマッチ代わりしてもらってたの思い出すなあ。
いつも迷惑そうだけど、じっとしてくれたもんです。
くりちゃん、かわいい、、、。
きなこさんもお大事に!
ホメオパシーは無理が無いからほんと、おすすめです。天寿をまっとう出来る、と実感しています。
2007/03/01(Thu) 17:04 | URL  | じら公 #-[ 編集]
うれしくないですか?
膝の上で落ち着かれると、うれしいんですよ。
いつまでも撫で撫でしちゃうし、落ちそうになるのを必死に支えてしまう。

でも、うちにはいすが少ないんです。
一番沙羅がわたしの膝の上で落ち着くのが、トイレなんです、トホホ・・・
2007/03/01(Thu) 22:54 | URL  | さらにゃ #-[ 編集]
ご自分で撮影されていたんですね。上手に撮れてます!
膝の上でじっとしてくれるくりちゃんステキ。
うちの実家の猫ずじゃ絶対無理だな・・・。

きなこさん、お大事にね。でも、悪くなっていないということは良いことかもしれないですよね。
2007/03/02(Fri) 02:54 | URL  | kayo #-[ 編集]
風が強いです
●じら公さん
ホメオパシー、いいんですけど、
粒が小さくて、知らない間にきなこが
ペッと口から出しているのが難点…。
気がついたらカーペットの上にコロンと
転がってたりします。うーむ。。。

●さらにゃさん
お久しぶりです!
トイレで一緒にくつろぐ沙羅ちゃん…
かわいいですねー。
うちは、椅子に座ってるときではなく、
床に足を伸ばして座っていると、その上に
ドシン、とのっかってくるのです。
ええ、もちろんうれしいです♪

●kayoさん
はい。写真は全部自分で撮ってます。
人にとってもらうと、なんだか
「そうじゃなくて!この角度で!」とか
いいたくなってしまうので…。
きなこは年相応に元気です。
ま、15歳にもなれば
悪いところも多少出てくるので、しかたないですね。


2007/03/05(Mon) 21:19 | URL  | ポチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック