「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
リフォーム中
2007年11月10日 (土) | 編集 |
先週から、我が家はこんなことになっています。
2007_1110kinakuri0241.jpg

引越しではなく、リフォーム中です。

…というのも、猫のために汚くなった家をきれいにしたかったのです。
まずは、コレ。
2007_1110kinakuri0238.jpg

くりが部屋から出たくて、カーペットとドアの隙間をほじくり、
カーペットがびろろーんと出てしまっています。
それを画鋲でとめてありました。

それから、きなくりのふたりともよく吐くため、
カーペットに染みがたくさん。
もうフローリングにしよう!となったわけです。

最初は、猫たちがいる場所2部屋をフローリングにするだけ
だったのですが、
→どうせなら使いづらかったウォークインクロゼットをやめて
収納力を増やしたい
→ぶつかって危なかった開き戸を引き戸にしたい
→洗面所の床の猫の傷跡もきれいにしたい
→棚をつけたい

などなど、要望が増えてしまい、10日間ほどかかる
リフォーム工事となりました。

…というわけで、リビングに荷物を運び出し、この状態。
もちろん、いたずら猫くりはおもしろくて仕方がない様子。
でも、ものすごい内弁慶で臆病なため、
大工さんが来ると、一目散に部屋の隅の布団の中に避難。
工事が終わる夕方まで、手に汗をかきながら
隠れています。
2007_1110kinakuri0248.jpg


ここが居心地いいの。
2007_1110kinakuri0255.jpg


一方のきなこは、いたってマイペース。
いつも通りにいつもの部屋で寝て、
12時に大工さんがお昼に出かけると、のこのこと起きて出てきます。
そして、大工さんがお昼から戻るころ、また自分の寝る部屋へ。
あとは夕方までぐっすり寝て、大工さんが帰ったころに出てきます。
そして、今日の作業を確認。

「ちゃんと予定通り進んだ?」
2007_1110kinakuri0311.jpg


「よしよし。この調子でやってちょうだい」
2007_1110kinakuri0312.jpg


工事中はドアを開けっ放しにしたりして、2猫の脱走が怖いので、
きなくりのいる部屋は絶対に開けないように、
こんな貼り紙をしてます。
2007_1110kinakuri0314.jpg


壁紙は、ペット用の傷がつきにくいものにし、
洗面所のクッションフロアもペット対応。
そして猫たちのためにフローリングに。
あと、壁の一部には、消臭・結露対策のためにエコカラット。
窓際は、くりが日向ぼっこするのにいいように、
タイルを1列だけ貼ってもらうことにしました。
まさに猫のためのリフォームです!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
リフォームだ!
すごい! 思い切りましたね~。
でも、カーペットの写真を見て「この程度で?」
と言う程、うちはもっと傷んでますよー。新築
からまだ5年なんですが、ネコが来るや、もう
涙のボロボロ(涙がボロボロ出る程ボロボロ)

大工さんの居ない隙にあちこちチェックして
歩くきなこ姉さん、ニャンコらしいですね。
くりちゃんは本当に嬉しそうですね。
2007/11/11(Sun) 04:16 | URL  | えこP #-[ 編集]
終わりましたぁ~
●えこPさん
やっと工事が終わり、落ち着いた生活に戻りました。
うちはマンションなんですが、来年で10年目なんですよー。
なので、10周年(?)ということもあり、
思い切ってリフォームしました。

きなこは、最後のほうになると慣れてきて、
大工さんがいても全然平気でした。
隠れもせず、堂々とふとんの上で昼寝してるんですよ。
反対に、くりはどこにいるのか分からないくらい
奥のほうに姿を隠していました。
そんな2猫の違いもおもしろかったです。

やっぱり年取ると何事にも動じませんねー。
2007/11/20(Tue) 00:07 | URL  | ポチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック