「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
オムツストッパー
2012年12月06日 (木) | 編集 |
昨晩きなこさんがまた粗相しないように、
オムツをして過ごしてもらいました。

しかし、朝、なぜかきなこの鳴き声で目覚め…
ほぼ見えてない目で私の枕元までトテチテと歩いてきて、
何事か訴えている。

っていうか、アンタ、オムツしてないじゃん(>.<)
すぐにきなこ部屋を見に行くと、真ん中にオムツの脱け殻が
コロン、と丸くなって転がっていた。
心なしか、オムツも本来の業務を遂行できず、寂しそう。

そして、床に敷き詰めたペットシーツの上にオシッコしているものの、
わずかな隙間から床に染み出ている…。(T-T)
朝からオシッコ掃除です。

そもそも、前に買った市販の犬猫用オムツのサイズがきなこに合わず、(やせているのでSSサイズにしたのが間違いだったもよう)
背中側が短くて、おなか側は長め。
犬を基準に作られている気がします。

そこで、研究熱心(またの名をオタク)な私は
オムツ改良に着手。
オムツカバーを作ることも考えましたが、
急を要するので、取り急ぎ、オムツが脱げないように、
紐で固定し、ストッパーにすることを考えました。

オムツの背中側に二ヵ所切り込みを入れ、
紐(洋服ショップの紙袋に着いてた持ち手の紐)を
通し、背中で交差させてたすき掛けに。

これでとりあえず固定されてますが、
歩いたりしたらゆるんでとれちゃうかな?
まだ要研究。

そして、今度は大きめのおむつを買おうと思います。
やせてても、背中側の長さが胴の真ん中くらいまでないと
ダメっぽいので、今度はMサイズにしてみます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック