「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
鳴子・田代島 猫とこけしの旅
2013年09月18日 (水) | 編集 |
先週の12日から15日まで、
猫好きのパラダイス、田代島に念願かなって猫好き友人と行って来ました!
そして、どうせ行くなら温泉にも、ということで、鳴子温泉も堪能。

日本こけし館の前で。
でかッ!
DSCF0111顔なし

電話ボックスにこけし!
1.jpg

鳴子峡はまだ紅葉していませんでした。
遊歩道は崖くずれの復旧工事が続いていて、通れませんでした。
展望ロッジから眺めただけです。
DSCF0109.jpg

たくさんのこけし屋さん、こけし工房があり、
ちょっと変り種の、警察官のこけしがある「熊谷正」さんの工房兼直売所へ。
警察官がずらり
DSCF0112.jpg

幼稚園帽のような帽子をかぶった一団。
DSCF0113.jpg

伝統こけしもずらり。
ご主人は不在で、奥様が対応してくださいました。
お話を聞いて、眺めるだけでも楽しいです。
ちょっとうつむき加減の首と、上品な顔立ちが気に入りました。
DSCF0115.jpg

買ったのは、高さ11cmほどのこけしと、駅長さんのストラップ付きこけし。
黒々とした瞳がかわいいです。
DSCF0675.jpg

手前は、田代島で買った招福こけし。
DSCF0677.jpg

鳴子の名物、栗団子。栗が入ったお餅に、みたらしがたっぷりかけてあります。
ほくほく温かくて、おいしーい!
出来立てを食べ、日持ちがしないので、おみやげに持って帰れないのが残念!
DSCF0126.jpg

宿は「ゆさや旅館」。とろりとしたお湯が気持ちいい宿です。
夕食は全部お膳で出てきます。食べきれん!
DSCF0129.jpg

朝食。たっぷりです。
DSCF0131.jpg

鳴子でも猫を見かけました。
DSCF0123.jpg

でも、田代島はこんなもんじゃない!
また後日アップします~
DSCF0121.jpg

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック