「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
きなこ部屋
2013年11月16日 (土) | 編集 |
きなこが旅立った13日、
すでに心の準備ができていたので、
ペット霊園に予約を入れ、その日のうちに最後のお別れをして火葬し、
お骨になって帰ってきました。


以前、先代猫のポチのときもお世話になった
同じ系列のペットセレモニー会社です。
母と一緒に行きました。(若い頃は、きなこは母によく甘えていました)
こういうことを書くのはどうかとも思いますが、参考と記録に…。

個別火葬し、火葬後は立ち会いのもと、
飼い主自身がお骨をとり、自宅に持ち帰るコースで、36750円。

お骨は、係の人が、まるで標本のように
きれいな形に並べてくださり、
しっぽの小さな骨一つ一つもつながるように
並べられていました。

焼かれてしまう前は、毎日触り、抱っこし、
汚れを拭いていた愛しいきなこの肉体がなくなってしまうことが
悲しく、嗚咽しましたが、
お骨になって出てきたときは、悲しいというより、
きなこはこんな体格だったんだ、と興味深いのと、
愛しいのとで、ちょっと冷静になり、変な気分。

係の方が「きれいな喉ぼとけですね」と言っていました。
きっと、晩年まで声が大きく、よく鳴いたきなこは
もともと喉仏も立派だったんでしょうね。
説明を聞きつつ、思わずお骨をなで、
頭蓋骨の頭までも可愛くて(アホですね)
なでなでしながら、壺に入れました。

遺骨は自宅に持ち帰り、ポチの隣に。
その夜は大好きだったししゃもを焼いて
きなこの霊前に置き、私たちもししゃもを食べてきなこ供養。

夜は、きなこのお骨の部屋で寝ました。

そして翌日は、きなこがいた場所を片付けました。
悲しいけれど、主のいない場所を見ると余計につらいので。

私の仕事部屋の、
囲いをしたペットシーツだらけの場所がきなこのスペースでした。
もうインテリアを構っていられないごちゃごちゃのスペースです。

具合が悪くなり、月曜日には、囲いのところにお守りをぶらさげて
祈っていました。



大量のシーツをとり、下に敷いたジョイントマットの下にも敷いてあるシーツを取りました。
シーツを取りながら、いちいちきなこの残り香を確かめ、
泣きながら掃除していたので、なかなか進みません…。



やっと、とりあえず片付き、スッキリ。
そして、私も大泣きしたので気分一心できました。

でも、もともとオシッコの粗相をする前は、
ほぼこんな感じだったなーなどと思い出します。

早速、くりが探検しにやってきます。


片付けながら、昔のきなこの写真を発見!
誰でも応募できる、アマチュア写真展に出した写真です。
「夕陽色のきなこ」というタイトル。


そして今日(土曜)は、きなこの霊前をグレードアップ!
きなこを知る方から、お花を送っていただいたので飾り、
昨日、外出中にふと見つけて思わず買った「きなこ飴」も飾りました。

きーちゃん、華やかだよ!


ポチのときにもつけた、我流の戒名を決め、
書道の心得のあるダンナさんに書いてもらい、写真とともに額に入れました。

戒名は、
「天寿悠心真黄鳴女」(てんじゅゆうしんまきなこ)

天寿を全うし、悠々とした動じない心を持ち、よく鳴いた、というような意味です。
「黄鳴女」で「きなこ」とよみます。


今頃は、仲良しだったポチ兄ちゃんと再会を喜びあい、
ニャーニャー、大きな声でしゃべっていることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック