「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
1991年11月23日の写真
2013年11月21日 (木) | 編集 |
1991年11月23日
我が家にきなこが来て数日の頃の、最初の写真。
実家の庭で。
きなこ

父がゴルフ帰りに道端で拾った猫でした。
そのときからニャーニャー大きな声で鳴き、自己主張していたため、
父に拾われることになりました。
ノミだらけでくしゃみをすると鼻水も出て、汚なかった…
scan0002.jpg



私が結婚し、一緒に引越し。連れ子ならぬ連れ猫。
ダンナさんにも可愛がられ、ニャーニャーいって甘えました。
(基本、人見知りしないので、誰にでも文句&要求する)
kinakobest.jpg




どんどん、家の主になっていきました。
DSC05283_2013112100305582c.jpg




↓これは去年の冬。21歳。
目が見えなくなってきた頃。
もうヨボヨボのおばあさんだ、と思っていたけれど、
今みると、まだまだ元気そうです。
20120626_212933.jpg
手足が短くて、うまく香箱が組めなかったきなこ。
年をとってやせてきたら、手が長く見えたけど、
やっぱり香箱がうまくできずに、前足が交差してます。




きなこは時間に正確で、晩年は18:15が夕飯の時間。
17時半頃からニャーニャーうるさく鳴いてゴハンの要求をしていました。
くりは、それにつられて、一緒にウロウロしていました。

きなこがいなくなって2日目、うっかりしていて
19:30までくりにゴハンをあげるのを忘れていました。

今までは鳴いて知らせるきなこがいたので、
忘れずにあげていたのに、
くりはあまり要求しないので、分かりません…。

それに、きなこは缶詰もドライも何でもとにかくよく食べたけれど、
くりは選り好みが激しく、缶詰はスープのものしか食べてくれません。。。

おかげで、大量にあった猫缶が無駄になりそうな気配。

そして、きなこの粗相のために毎日大量に使い、
買いだめをしていたペットシーツも、要らなくなってしまいました。。

くりのトイレの下に敷くには多すぎる量ですが、
ゆっくりと使っていこうかと思います…。

くりさん、夕飯の催促はしてね!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック