「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
全身見えた
2015年01月20日 (火) | 編集 |
ビビりの新入りちゃんですが、
少しずつビクビク度が減ってきました。

昨晩は、私が部屋にいても出てこられるように。
歴代猫たちの写真の間をぬって歩いてます。


子猫だから、怖くても猫じゃらしには
反応しちゃう。


我を忘れてる様子です( ´艸`)


私の仕事部屋を子猫用に閉め切って使ってますが、
この部屋、ベランダから窓越しに中がのぞけるんですね。
昨晩、部屋の明かりをつけたまま、
ベランダ側から中をのぞくと…


ビクビクしてた様子はどこへやら、
我が物顔にあちこち歩き回り、フードを食べ、毛づくろいしてるじゃないですか!

見られてるとも知らずに…。
そのうち、ベランダ側の出窓部分に勢いよくジャンプしてきて、
外からのぞいてる私に気付いちゃいました。

そのとき、え?なんで見てるの?みたいに
びっくりしてました。アハハ!

子猫の知恵より、猫飼歴ン十年の
私の方が上手なのだよ(ゝω・)



今は、安心できるのか、プリンターの下のごちゃっとした書類の上にのって、
熟睡しております。

緊張がやっととけて、眠いんだろうね。


そして、肝心のくりですが…。

前にきなこがいたスペースに新しい子がいるので、
「きなこ姐さんがまた戻ってきたの?」って感じなのか、
子猫がいることは認識しているものの、
あまり寄りつかず、部屋をちらっと伺う程度。
怒ってもいなければ、シャーッもしません。


思えば、きなこから嫌がられ、
しょっちゅうシャーッとされていたくりさん。
くりなりに、きなことの12年の間に、
同居猫とのつかず離れずの距離感を生み出したのかもしれません



「そういえば、一昨年まで、この部屋に
ヨタヨタしたばーさん猫いたよね?
今いるのは、きなこさんと違うの?」


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック