「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
きなことたんぽぽ
2015年02月08日 (日) | 編集 |
かつて、きなこさんが毎日寝て過ごしていた場所が、


子猫の場所となりました。


まだ完全に心を開いてはくれませんが、
子猫ぽぽたんは、自分のスペースでノビノビと過ごしてます。


最近は爪研ぎの上がお気に入りのぽぽ。
少しずつ慣れてきて、私がこのベンチの上に座っても逃げません。

そして、私の仕事用の椅子の上にちょこんと座っていたり、
私が座っている椅子の下にいたり。

歩みは遅いけど、ぽぽちゃんなりに
家族になれてきているみたい。

ここまでビビりで、警戒心が強いなんて、野良猫時代にどんな思いをしていたんだろうと考えると、
不憫になります(´;ω;`)

そして、とにかく底なしの食欲で、ビビりのくせにピャーピャー鳴いて、
ご飯をねだります。
そんなにがっついて食べなくても、ごはんはもらえるんだ、ということが
まだ分かっていないんですね。

鳴くだけじゃなくて、スリスリしたり、甘えることを覚えて欲しいんだけどな。

私の顔をじっと見て、フミフミしてくれる日を待ちます(ゝω・)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック