「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
ポチとくりぽぽ
2015年12月29日 (火) | 編集 |
12月28日は初代猫、茶トラのポチの命日。

毎年恒例、好物だったメロンをお供えしました。
本当は、メロンの真ん中の、もしゃもしゃした柔らかいところが好きだったんだけど、
パックのカットメロンだから、
真ん中部分が入ってない。

我慢してねー。


ポチが10歳で亡くなってから、
もう17年がたちました。

ベランダからの落下事故だったため、今でもベランダから階下を見るとドキドキします。

後悔と反省から、今の猫たちは絶対にベランダに出しません。

くりもぽぽも出ようとしません。
っていうか、ベランダに出たくならないよう、怖い場所だ、と教えてます。
(本当に分かっているのかは分かりませんが)

心の友と思って溺愛したポチへの想いは
今、くりに引き継がれ、
見た目の可愛さは、ぽぽに通じるところがあります。
(ポチのほうがもっと頭良さそうだったけど)


ぽぽは、茶トラなのでポチを意識して、どうしても名前に「ポ」を入れたくてつけました。
(ぽぽの本名はたんぽぽです)

今、ぽぽに
「こら!ぽーちゃん!」と言うのが、
何となくうれしく感じます。

ポチと


ぽぽ


最近、登場回数が少ないけど、
くりの可愛さは増すばかりです。
毎日溺愛中。


ポチへ
今もポチのこと、忘れてませんよ。
天国で、きなこの面倒をみてあげてねー。

きなこさんも特別出演
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック