「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
原因は何?
2016年02月20日 (土) | 編集 |
くりさんは、少しずつ体力快復してます。

吐く回数がグッと減り、
ここ4、5日はまったく吐かなくなりました 😌


数日前から水は自分で飲めるようになったものの、
最初は水の入れ物の前で考え込み、
なかなか飲もうとせず、
飲んでもいつものように舌を長く出せないようで、
チョロチョロと小刻みに飲んでました。
もしや、口内炎とか、歯周病で口がおかしくてそうなってるのかな?と思いましたが、
先日病院で口の中を見てもらったときは
特に異常なしでした。

また昨日、家でも口を開けさせて見たのですが、
腫れてもいないし、
問題なさそうでした。

やはり胃腸とか食道の問題なんだろうか…。

でもまだ固形物は食べず、強制的にシリンジで
モンプチスープをあげたり、
ちゅーるを口のそばに持っていって、私の指に付けるとなめる、という感じです。

あと、栄養補給のためのヒルズa/d缶は、わりと食べてくれる子が多いというので病院で買い、
ペーストを指に付けてあげると少しずつ食べます。

私の手や指からあげると、ペロペロといつも通りに舌を長く出して舐めるので、
もしかしたら、お皿から食べるときに首を下にするのができないのかも?と
色々試した結果、
液体ものは、食道(胸のあたり)がまっすぐに近い状態の時の方がよく飲めるらしいことに気づきました。


多分、そのあたりに異変があったのでしょうが、
ビビりで、病院に行くだけで多大なストレスを感じてしまうくりさんなので、
もう少し食べてくれて、元気が出てくるまでは様子見をしようと思います。

そして、昨晩はシーバを3粒、カリカリと食べました(^O^)
口の異常だったらドライは食べられないと思うので、
やっぱり口ではないのかなー?


三種の神器。
シーバとチャオちゅーる「とりささみ」(くりが好きな味)、
モンプチスープのコンソメ風。
液体もの、特にモンプチスープは、具合の悪いときに重宝します。


今朝も私の手から水を飲み、
モンプチスープも少しずつ手に出したら、よく飲みました。


毛づくろいもしてるのは、元気になった証拠。




毎日、やって!とせがむ、大好きな「お尻ぽんぽん」は、
結構具合悪いときでもやってあげると気分良さそうでした。

ぽんぽんの後、もっとやって、という顔。


少しずつ元気になってます。


こちらは、相変わらず元気いっぱい^_^;

最近、マッサージ器に乗って、天袋のところに飛び乗ることを覚えました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック