「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
気になる事件
2005年10月12日 (水) | 編集 |
先日、新聞で事件を知って以来、どうしてもひっかかっている
ことがあります。
それは、埼玉県の特別養護老人ホームで起きた事件。
認知症の寝たきり女性(88歳)が右足の指5本を第一関節まで食いちぎられ、
現場には猫らしき血のついた足跡、介護職員が中庭で口のまわりを赤く染めた猫を見て、その猫が保健所に捕獲された、というものです。

詳しくはこちら↓
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200510/sha2005100901.html

私は、このニュースを新聞で読んだ瞬間、違和感を感じました。
猫を飼っていて、猫の習性を知っている人なら
きっと誰でもヘンだ、と思うのではないでしょうか。
もちろん、猫が足にかじりつくことはあります。現にうちのくりは
しょっちゅう私の足にじゃれついてかみつきますし、
私の足はひっかき傷だらけです。
でも、それはじゃれているのであって、足を噛み砕き、
食べることはありません。

猫がこの女性の足にかみつき、深い傷を負ったというなら、あるかもしれません。
でも、第一関節から先までを猫が「食べる」でしょうか?
また、百歩譲って、指を食べることがあったとしても、
人間の足、という猫にとってはたいしておいしくもない部分を5本も
食べるのでしょうか?
(よっぽど魚臭がしていたとか、またたび臭がしていたとか?)
また、足の指5本を食いちぎり、そこから立ち去るには
かなりの時間がかかりますし、きれい好きの猫が
食事後に口を赤く染めたままでいるのは考えられません。

そんなモヤモヤした気持ちを持っている人は多いようで、ネット検索をしていると、
「口のまわりの血や、足跡など、できすぎている」
「何かしら人間の作為を感じる」と書いている方もいました。
どうなんでしょう?
でも、現に足に大怪我を負った被害者の方がいます。
その方には本当にご災難だったと思います。
そして、犯人扱いされている猫は、保健所が捕獲、と記事に書いてあったので、
猫の行く末が気になり、また、猫が悪者になって「猫は人を食う」などと世間が誤解するのが嫌だな、と思っていました。

そうしたら、私がよくのぞいている猫ボランティアさんの掲示板で、
事実関係をきちんと聞いて、まとめてくださっている方がいました。
ここに来る猫好きさんにはきちんとした事実を知っていただきたいと思って、
引用OKとのことですので、以下長いですが引用させていただきます。

*****************************
●「猫が犯人」とは、警察は言っていない!!!

本日(10/11)、加須警察署に電話し話を伺う。
(その結果は、以下の通り。)

「猫が犯人とは言っていない、それは、マスメディアが勝手につくった話。
警察も迷惑している。」

警察の認識は、人間以外の原因(動物)。
足跡も確認したが、それが猫とは言っていないとのこと。

●捕獲された猫は、どうなっているか?!

猫は現在、警察から「動物管理センター春日部支所」へ。
ここで、今後の処遇を検討中とのこと。

春日部支所では、殺処分の中止を求める声が、多数寄せられている。
また里親の申し出も、複数寄せられているとのこと。


●警察では、「猫が犯人」をメディアが勝手に流したことについて大変立腹。
意見や抗議は警察ではなく、テレビや新聞社にして下さいとのこと。

加須保健所では、猫を捕獲したことについて、
本来、猫の捕獲はできないことだが、再発防止の特別な措置として、
警察やホームからの依頼を受け実行した。
しかし、ただ檻を置いただけで、翌日かかった猫は警察に任せたとのこと。

質問1。
・ 口の周りや体に、血痕はあったか?
保健所は、檻の外から見た限りでは確認できなかったとのこと。
(つまり、血痕は見られなかったとのこと。)

質問2。
・ 網戸に、進入の穴が開いていたと言うことだが?
警察は、特に調べていないとのこと。

●動物指導センター(春日部支所)では、
猫を警察から引取ったのは、通常の業務との説明。

それについて、
引取ったことは正当な業務で、ここまでの対応には感謝している。
しかし、今後の猫の処遇を通常の業務として処分するのなら、
問題があると話す。(以下、内容。)

・ まず、始動時の捕獲は、通常の業務とは違う、
特別な対応であったこと。
・ 次ぎに、猫が犯人とは警察が言っていないこと。
つまり、確認されていないこと。
・ 今回の事件は、前代未聞で猫がやったとは考えにくいこと。
(もっと、可能性の高い野生動物がいる。)
・ 殺処分は、「猫が犯人」という認識を定着してしまう恐れがあること。
・ この「猫が犯人」という認識は、社会に与える影響が大きいこと。
(猫に対する誤解を生み、猫を危険視する風潮を生む恐れがある。
それは野良猫の保護活動などにも、大きな障害となりうる。)

これらの理由から、譲渡の方向に検討頂くことを強くお願いする。
(今後の処遇は、一週間後に確認の電話を入れるとして話を終える。)

●特別養護老人ホームでは、
メディアには、状況を説明しただけで「猫が犯人」とは言っていないとのこと。
また、そのような認識も持っていないとのこと。
(以下、状況。)

・ 中庭に、2週間前から猫が居た。
・ 中庭は、建物に囲まれ、その中通らないと外に出られない。
(従って、猫は2週間なにも食べていないことになる。)
・ 網戸は、以前から穴が開いていた。
(ほころびていた。)

いずれにしても、
中庭に閉じ込められ、2週間なにも食べられない猫が居て、
建物の中には、寝たきりの老人が居るという状況はごく特殊な状況。
この状況自体大きな問題であり、疑われた猫に問題があるのではなく、
それがどんな動物であれ、ホーム側の大きな手落ちであり、
すべての責任があるということ。

従って、一般にはありえなない猫への誤解を与え、
大きな波紋を広げたことを、「すみません」と謝罪。

以上、正しい事実関係他を報告いたします。
********************************

これを読むと、メディアの報道の仕方が一方的で、
単純に「猫が人の足を食べた」とショッキングな見出しで
人目をひくようにしているのを感じますし、
猫がこんなことをするのか?と疑問をなげかけている記事が
ほとんど見当たらない(リンクした記事は、専門家に話を聞いている少ない例)のも感じます。
こんな風に報道されているため、現に猫のことをあまり知らない人が
「猫ってかわいいと思ったら怖いんだー。知らなかった」という
ようなことをブログに書いているものも見受けられました。

報道の責任って重大です。
この事件にもっと疑問をなげかける記事、報道を望みます。

あたしも、もう足にじゃれつきません。キリッ!(ホントか?)
DSC04532.jpg

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
私はね、この話を聞いて、そんなことは絶対にないだろうなーと思ってました。
赤ちゃんの足ならまだしも、80歳のばあちゃんだし。

ネコが人間の足を食べると報道され、それを信じる人って、足の指を食べるセミがいるって言っても信じるんでしょうね。
マスコミなんか、まともな報道をしていると思っちゃいかんですよ。
2005/10/13(Thu) 09:25 | URL  | rider #I4t1ZHtI[ 編集]
マスコミって、怖いのよ
早く、目を引く記事を出したい、というマスコミ関係の方の気持ちは分かります。

でもね、こういうことって、日常的に起こってる。
取材をしてもその真偽を確かめる間も無く、記事にしてしまう。
番組の流れに沿わない事実は使わずに番組を作る。
問題がないわけではないんです、と認めている新聞記者さんもいました。
私も、仕事で数年前、ある社会問題の末端に巻き込まれたとき以降、マスコミ不信になりました。
もちろん、すべてがそうとは言いません。だけどマスコミ関係の方々には、自分たちの書いたものがどのくらい世間に影響するのか、もっと感じて欲しいものです。
2005/10/13(Thu) 22:51 | URL  | さらにゃ #f4RRH762[ 編集]
ネットでこの件について色々調べましたが、どうも人間の工作としか思えてしょうがないです。
証拠だって不自然に多すぎ。
マスコミも。猫のせいにすれば注目も浴びれるし、いい記事になると思ったのでしょうねぇ・・。
警戒心の強い猫が、ヒトをずーっと噛み千切って食べるなんてありえないですよ。。
その猫のお腹をレントゲンで写して、本当に指があるのを確認してから報道して欲しいものです。
人間にとって都合のいい証拠ばかり。
犯人扱いされてる猫がかわいそう・・。
それでもし処分なんてことになったら・・。
猫は怖いというイメージがついてしまったら・・。
考えたくも無い件ですね。
2005/10/14(Fri) 15:40 | URL  | yui #-[ 編集]
コメントありがとうございます
●riderさん
やっぱり、猫飼いベテランさんなら
この事件、おかしいと思いますよねー。
これをおかしい、と思わずに信じてしまう人がいることが恐ろしいです。

●さらにゃさん
本当にね、マスコミの力は怖いです。
しかも新聞というメディアは特にスピードを求められ、
一度印刷されるとそれがずっと残ってしまう。
記事の真偽を確認し、変更する暇がないですものね。
そう考えると、ネットのほうが訂正、削除が簡単にできるから
便利といえば便利な気もします。

●yuiさん
>警戒心の強い猫が、ヒトをずーっと噛み千切って食べるなんてありえないですよ。。
そうですよね。5本の指を噛み切るにはかなりの時間、
その場にいないといけないし。

>人間にとって都合のいい証拠ばかり。
これが気になるんですよね。
血のついた足跡?
口のまわりを赤く染めた猫が現場近くにいる?
こんな、安手のドラマみたいな証拠をわざわざ残している
っていうのが何か変。
口裂け女伝説みたいな、子供だましのようなうさんくささを感じますね。

2005/10/15(Sat) 12:52 | URL  | ポチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック