「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
あれから18年
2016年12月29日 (木) | 編集 |
今年も私が溺愛していた初代猫、
茶トラのポチの命日がやってきました。

18年前、ポチが亡くなったのも暖かい日差しのよく晴れた日でしたが、
毎年なぜかこの日は同じような天気です。

好物だったメロンを仏前にお供え。最近はカットメロンばかりでゴメンね。
この時期はなかなかメロンがないから。


ポチはオスの茶トラで、とても賢い、哲学的な感じがする猫でした。
今にして思えば、10才という若さでした。


おなじ茶トラ系でも、
ぽぽはアホっぽく、やったことをすぐに忘れるタイプ。


どちらかというと、くりのほうが、ポチとのつながりを感じます。


ご長寿だったきなこさんは、誰にも似てないかな。


そんな歴代猫たちに思いを馳せる年の瀬です。



帰省するための荷造りを邪魔する、典型的な猫の行動をとるぽぽさん。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック