「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
運動能力の衰え
2005年10月14日 (金) | 編集 |
きなこです。(まだまだ使える?ヒロシ口調)
最近、体の衰えを感じるようになったとです。

今まで、タンスの上にジャンプして乗り、
タンスの上のカゴで寝るのが至福の時でした。
よって、↓この距離のジャンプもなんなくこなしていました。
DSC04543.jpg

ところが最近、このジャンプの成功率がガクンと落ちたとです。
先日も、ジャンプに失敗し、床にべチャッと落ちてしまったとです。
はずかしか…。
これが老化というものでしょうか。
そこで、最近は諦めて、椅子の上で寝ることにしました。
DSC04538.jpg

そんな私を見て、飼い主は不憫がり、いっそう可愛がってくれます。
DSC04540.jpg


飼い主追記:
最近は、ジャンプしようとして、「登れない~、登りたい~」と
ニャーニャー騒ぎ、お尻を振って助走をつけようとしています。
そんなきなこのおしりを押してあげたり、
抱っこしてジャンプさせてあげますが、
自分で登りたいらしく、人がのせてやるとすぐに降りてきてしまうのです。(降りるのは平気)

そんな運動能力が衰えてきた
わがままバーさんですが、なんだか愛らしくてたまりません。

※先日の埼玉特別養護老人ホームの足噛みきり事件ですが、
動物愛護団体が県警や保健所に事実関係の調査を求める考えを表明したそうですね。
よかった。ちょっと安心しました。
でも、動物に関心のない人には「猫好きがなんだか声高に反対してるよ」と捉えてほしくないと思います。
犯人扱いされた猫を助ける意味もあると思いますが、
何よりも、猫の生態を間違って認識すること、
それが報道され、伝えられることが恐ろしいのです。
愛護団体の方たちが唱えている異議の内容を
冷静にきちんと伝えてほしいですね。
少なくとも「人食い猫」なんていう見出しは絶対につけないでほしい。



関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ねこ大好き
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
まだまだいけるぞ、ヒロシです。
「わがままバーさんじゃにゃいぃーー!」
・・・なぁ~んてきなこさんから聞こえてきそうです
命あるもの「老化」とは切っても切り離せませんものね
ウチも時々失敗して、自分の能力の衰えにショックを隠せない様子
「・・・えっ・・・今のなんで?」みたいな(笑)

↓の記事、私もどこぞで知りました
記事には私も???
思っている事、全部ポチさんが書いて下さっています
なんかスッキリしました、ありがとう!
2005/10/14(Fri) 22:36 | URL  | しも1 #XMatgrFs[ 編集]
しも1さん
ヒロシです…まだまだ使って大丈夫ですか?
知恵蔵ちゃんも失敗したりするんですか?
ショックを隠せない様子なんですね。

でも、きなこはもうあんまりショックもないようです。
「無理かもしんないけど登りたいのよぉー」って感じで。
人間のほうがショックです。
でも、そんな老化も見守りながら暮らしていきたいですね。

例の事件は、たくさんの人が「ヘンだ」と思っていることに
安心しました。
2005/10/16(Sun) 22:23 | URL  | ポチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック