FC2ブログ
「くり」と「たんぽぽ」の飼い主・ポチがつづる猫との日常。先代猫は22歳で大往生した「きなこ」
2018年12月28日 (金) | 編集 |
我が家の可愛くて賢い天使
くりちゃんが12月28日 19:50頃に永眠しました。16才と8か月でした。

乳腺腫瘍発覚から1年8か月、11月に腫瘍の肺転移がわかってから1か月余りでした。

肺転移が分かってすぐに酸素濃縮器をレンタルし、
酸素ハウスに工夫を凝らして、それなりに快適に過ごしていましたが、やはり癌の進行には勝てず、
最期は吐き気と、息ができない苦しみにもがいていました。
見ていてかわいそうなくらいでしたが、くりの命の終わりを見届けました。

奇しくも今日は私の初代猫で溺愛していたポチの命日でした。

くりの病状が悪化してから、この日が近づくにつれ、予感めいたものはあったのですが、
今朝は体調も良さそうにしてたので、予感は払拭されていました。
でも、やはりポチと同じ命日になってしまいました。

今頃、ポチがくりを誘導してくれているかもしれません。

この2ヶ月ほど、仕事をセーブさせていただいたり、くりのことで周囲にご心配をかけていましたが、
皆さんの理解と温かさで、悔いのない看病ができたことに感謝してます。

悲しいけれど、これ以上ないほど手を尽くした看取りができたので、今は飼い主としてやりきった感と疲労でいっぱいです😺

これから「くりロス」に浸ります。

↓昨日。酸素ハウスから出てきて少し気持ちよさそうにしてました。
20181228232844828.jpg


今日の午前中。水も飲めなくなっていたけど、わりと力のある顔をしてるので大丈夫だと思ってました…。
20181228232819e36.jpg


もう、毎晩息が苦しくないか、二時間置きに確認しなくても良くなりました。
2018122823291870b.jpg


くりちゃん、16年間、私の宝物でいてくれてありがとう。

思い入れが強すぎて、今は過去を振り返ると泣いてしまうので、もう少し時間がたってからにします。
とりあえず明後日、最期の旅立ちの儀式をしてきます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック